びっくりよ$+$、日本ペイント企画のシンポジウム「塗る・感じる〜感性と理論の融合〜」開催 10月17日の第7回CSJ化学フェスタ2017にて

1 :trick ★:2017/10/07(土) 22:23:50.85 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/5LbQCvn.png 日本化学会秋季事業 第7回 CSJ化学フェスタ2017公開企画にて日本ペイントホールディングス R&D本部 井賀充香が講演をします!:時事ドットコム
(2017/10/06-15:01)
[日本ペイントホールディングス株式会社]

 10月17日(火)第7回CSJ化学フェスタ2017(東京都江戸川区タワーホール船堀)の公開企画において、日本ペイントホールディングス株式会社(本社:大阪市北区、社長:田堂哲志)のR&D本部 次世代技術研究所チームリーダー 井賀充香が企画したシンポジウム「塗る・感じる〜感性と理論の融合〜」が開催されます。

 CSJ化学フェスタは、日本化学会の秋季事業として、「産学官の交流」と「化学の社会への発信」を目的に2011年から開催されており、今回で第7回目となります。この企画では、塗装や感性を研究されている大学や企業の方を中心とした様々な講演により、社会に幅広い情報を発信します。“技術のスペシャリスト”井賀は、“「和装で塗装」を叶える解析技術”をテーマに講演します。

 塗装工程を制御することは、作業性の良し悪しだけでなく、最終的な膜の機能発現にも大きく影響します。膜を見たり触ったりする人の感性、塗装する際の作業性に対する感性を解析して製品開発につなげることは複雑ですが重要であり、今後さらに発展していくと考えています。塗料開発においても、様々な知見を基に感性と理論の融合を図っています。日本ペイントホールディングスグループは、大きな視点で技術を捉え、個人の有する価値観、能力、経験などの多様性を活かしていくことを進めていきます。

■第7回CSJ化学フェスタ2017 公開企画 開催概要
 ・開催日時:2017年10月17日(火) 13:00開始
 ・開催会場:タワーホール船掘 2階 桃源(K会場)

「リリース」に関するお問い合わせ
 経営企画本部 IR広報部
 部長 持田 由希子
 〒531-8511 大阪市北区大淀北2-1-2
https://www.jiji.com/jc/article?k=000000105.000007223&g=prt

Read more
土地相続、登記義務づけ検討 所有者不明防ぐ、数%の支払い+#+

1 :ノチラ ★:2017/12/29(金) 17:48:53.92 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/AAAmfyd.gif 政府は所有者不明の土地や空き家問題の抜本的な対策に乗り出す。現在は任意となっている相続登記の義務化や、土地所有権の放棄の可否などを協議し、具体策を検討する。法務省は早ければ2018年にも民法や不動産登記法の改正を法相の諮問機関である法制審議会に諮問する方針だ。政府は年明けに関係閣僚会議を開いて検討作業を急ぐ。

 所有者不明土地を巡っては、増田寛也元総務相ら民間有識者でつくる研究会が所有者台帳からは…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25239550Z21C17A2MM8000/

Read more
じゃじゃじ??、スマホゲーム「けものフレンズぱびりおん」リリース2018年に延期 ブシロード

1 :trick ★:2017/11/15(水) 19:10:14.51 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/cKX8eKA.jpg 「けものフレンズぱびりおん」、配信時期を延期 – GAME Watch
https://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1091785.html
https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1091/785/kmfr01_s.png
開発の遅延が理由
今藤祐馬2017年11月15日 18:55

2018年1月 配信予定
 ブシロードは、Android/iOS用ゲーム「けものフレンズぱびりおん」のリリース時期を2017年より2018年1月下旬へ延期した。理由は開発の遅延としている。

 本作は「けものフレンズプロジェクト」の完全新作ゲームアプリ。様々なエリアに「あそびどうぐ」や「ジャパリまんじゅう」を設置し、やってきたフレンズの仕草やフレンズ同士のやりとりを観察して楽しむ。

 なお、10月18日より実施している事前登録キャンペーンはサービス開始まで継続する。

© けものフレンズプロジェクトG
© bushiroad All Rights Reserved. Developed by UniqueWave Co., LTD.
https://game.watch.impress.co.jp/img/gmw/docs/1091/785/kmfr02_s.png

Read more
初期の足^^^、マイナーチェンジで外観の精悍さが増したトヨタ・アルファード/ヴェルファイア

1 :ノチラ ★:2017/12/28(木) 21:50:25.09 ID:CAP_USER

https://i1.wp.com/i.imgur.com/i7rqZvf.jpg https://clicccar.com/wp-content/uploads/2017/12/B87X0263-20171227154803-800×533.jpg
LLサイズミニバンで日本国内において圧倒的なシェアを誇っているのが、トヨタ・アルファード/ヴァルファイアです。

日本自動車販売協会連合会のデータによると、2016年1年間のアルファードとヴェルファイアの新車登録台数を合算すると8万6501台。ライバルのホンダ・オデッセイが3万866台、日産・エルグランドが6987台ですから、アルファード/ヴェルファイアの人気の高さがうかがえます。

大きなミニバンから新時代の高級車として、2015年1月に登場した現行型アルファード/ヴェルファイア。販売開始から3年を迎えた2017年12月に初のマイナーチェンジを行いました。

ここではアルファード/ヴェルファイアが行ったマイナーチェンジのポイントの中から外観の変更点について紹介しましょう。
https://clicccar.com/wp-content/uploads/2017/12/B87X0169-20171227154758.jpg
https://clicccar.com/wp-content/uploads/2017/12/B87X0020-20171227154752.jpg
https://clicccar.com/wp-content/uploads/2017/12/B87X0015-20171227154751.jpg

アルファード/ヴェルファイアともに外観はヘッドランプ、フロントグリル、フロントバンパー、バックドアガーニッシュ、リアコンビネーションランプの意匠が変更されています。

ヘッドライトは従来からLED(ハイ・ロービーム)ヘッドライトを採用していましたが、マイナーチェンジ後はグレードによって独立した3眼タイプまたは2眼タイプに変更。LEDコーナリングランプにイルミネーション&デイライト機能を追加。さらに、3眼タイプにはフロントに流れるように点灯するLEDシーケンシャルターンランプとLEDコーナリングランプが装備されます。

フロントグリルは従来型のアルファードではナンバープレート部分にモールがあり、上下に分割されていましたが、今回は一体形に変更。上下方向の面積が拡大され、一段と迫力のあるフロントマスクとなっています。一方のヴェルファイアはフロントバンパーにシルバー加飾を施すことでフロントマスクの輪郭をより際立たせました。

ボディカラーは従来のホワイトパールクリスタルシャイン、ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、シルバーメタリック、グレーメタリック、ブラック、スパークリングブラックパールクリスタルシャイン、グレイッシュブルーマイカメタリックの7色から、シルバーメタリック、グレーメタリック、グレイッシュブルーマイカメタリックの3色を廃止。

その代わりにダークレッドマイカメタリック(エアロタイプ専用色)、スティールブロンドメタリック(標準タイプ専用色)、グラファイトメタリックが追加されています。

装着されているアルミホイールのデザインも一部グレードで変更され、ガソリン車のエアロタイプのSC(ZG)、S“Cパッケージ”(Z“Gパッケージ”)には切削光輝+ブラック塗装の18インチホイールを装着。エグゼクティブラウンジはスパッタリング塗装を施した17インチホイールを装着し足元を引き締めています。

グレード構成は最上級グレードのエグゼクティブラウンジをエアロタイプにエグゼクティブラウンジSとして追加したのが変更ポイントで、アルファード/ヴェルファイアの車両本体価格は335万4480円〜750万8160円となっています。
https://clicccar.com/2017/12/28/543915/

Read more
Scroll Up