ヤマハ社長「50ccは20万円まで値段を上げないとコストが合わなくなる」 次期排ガス規制で、不可能www

1 :名無しさん@涙目です。:2018/02/13(火) 19:56:53.24 ID:y/OFSnTP0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/QFnL9Y3.jpg http://img.2ch.net/ico/anime_syobon03.gif
ヤマハ発動機の日高祥博社長は2月13日に都内で開いた決算説明会で50ccバイクの市場について
「2020年の次期排ガス規制が始まると20万円近くまで値段を上げないとコストが合わなくなり、市場
としては厳しい状況になる」との見通しを示した。

日高社長は50ccバイク市場に関して「悲観的にみている」とした上で、「50ccの原付のお客様は日本
国内においては軽四輪へのシフト、それから電動アシスト自転車へのシフトが始まっていて、50ccの
原付はずっと漸減傾向が続いている」と指摘。

さらに「2020年の次期排ガス規制が始まると、50ccの原付は20万円近くまで値段を上げないとコストが
合わない状況になると思っているので、さらに市場としては難しい状況になると思っている」とも述べた。

その上で「ヤマハとしては50ccの原付市場、とくにコマーシャルユースのお客様には、是非これから電動
でそれを十分カバーできるような商品で置き換えを狙っていきたい」との考えを披露した。

50ccバイクを巡ってヤマハは2016年10月にホンダと業務提携すると発表。2018年中をめどにホンダから
スクーターをOEM調達することになっているほか、ビジネススクーターの共同開発や原付1種クラスの電
動二輪車普及でも協業することにしている。

https://response.jp/article/2018/02/13/306006.html

Read more
韓国では生産中止している焼酎「鏡月」 日本では販売2位の人気、不可能www

1 :名無しさん@涙目です。:2018/01/31(水) 19:11:04.73 ID:1NXMxh4T0

https://i1.wp.com/i.imgur.com/ZexW7Bm.jpg http://img.2ch.net/ico/nida.gif
韓国東部・江原(カンウォン)地域の鏡月焼酎は1973年に施行された「自道酒」購入制度の恩恵を多く受けた。
自道酒制度は道別に1社のメーカーだけが焼酎を作ることを許可するもので、
地域酒類業者は地域の焼酎を50%以上扱わなくてはならなかった。

だが、1996年に同制度の違憲決定が下されて以降、鏡月は国内消費者の記憶から次第に消えていった。
3年前には韓国内での販売が中断された。

だが、鏡月の命脈は切れなかった。日本に渡って華やかに復活した。
鏡月は最近、日本焼酎市場全体で日本酒類メーカー「宝焼酎」に次いで販売量2位を記録中だ。

日本の市場調査・マーケティング会社「インテージ」が単一ブランド焼酎の昨年1〜9月の販売量を調査した結果だ。
日本で販売されている韓国の焼酎だけに限ってみると、鏡月は60%以上の市場シェアを誇り圧倒的1位だ。

このように、韓国市場では苦戦したが、海外の特定国家で旋風的人気を呼んでいる韓国食品と酒類が増加している。
インドで国民チョコパイと呼ばれている「ロッテチョコパイ」も同様のケースだ。
インドで売れているチョコパイのうちロッテの市場シェアは90%で、昨年ロッテ製菓はインドにおけるチョコパイの売上だけで
1000億ウォン(約102億円)以上をあげた。
韓国チョコパイ市場ではオリオンが1000億ウォン、ロッテが200億ウォンほどの年間売上額を記録している。

ロシアではパルド(八道)ラーメンがロシア全体ラーメン市場を掌握した。
特に、同社のカップラーメン「トシラク」の人気は非常に高く、ロシア人がラーメンという食品を「トシラク」と呼ぶほどだ。
現在、一般の袋ラーメンとカップラーメンを合わせたロシア全体のラーメン市場1位はパルドで、
特にカップラーメンの市場シェアは60%に達する。韓国市場ではパルドラーメンの市場シェアは4位に過ぎない。

菓子メーカー「オリオン」のポテトスナック「オー!カムジャ」はポテトチップス以外のポテトスナック類で中国市場シェア1位(2016年)を占めた。
韓国ではポカチップなどに押されている状態だが、中国では王者というわけだ。同製品の中国販売量は韓国の6倍以上になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180129-00000009-cnippou-kr&pos=3

Read more
Scroll Up